ラバーカップを左手に持つ男性

対応策について

賃貸物件でトイレ詰まりになった時の対処は?

賃貸物件のトイレ詰まりは修繕費を明確にするためにも不動産会社への相談が賢明

マンションやアパートといった賃貸物件の場合に、トイレの詰まりか起こったとき、持ち家と違うのでどのような対処をすればよいか悩んでしまいます。

しかも、水のトラブルと絡んでくるので、トイレのトラブルは待ったなしだけに色々と頭に考えがよぎってしまうでしょう。

自己解決は軽い詰まりの場合だけ

何とか、すぐにでも解決したいと思うのがトイレ詰まりですが、ペーパーや便で詰まった場合には自己解決を行える場合もあります。

しかし、それ以外の固形物の詰まりの場合には、結局は業者にお任せしなければならないことが多くなります。むやみに自己解決をしようと思い、あれこれ異物を入れて試そうとすると返って便器やノズルを傷めてしまい破損させてしまう事態になると借主の責任になり賠償をしなくてはなりません。

あくまでも自己解決は軽い詰まりの場合だけにしましょう。原因が分からない場合には、業者を呼ぶのが賢明です。

不動産会社に相談もおすすめ

自己解決を試みるにもそれなりの道具が無いとできません。道具の使い方もコツがあるので賃貸物件の場合、やみくもに試してみるよりも不動産会社に相談をするのもおすすめです。

借主の不自由する事態をできるだけ早く解決させるのも、不動産会社のサポートの役割として挙げられているので、業者を探して連絡してくれるようになります。

そのためにも、知識がないままで詰まりを解決しようと扱うのは止めておくのが賢明です。

侮れない賃貸物件のトイレ詰まり

持ち家であれば原因がどこにあっても業者に依頼をして解決を依頼するのが基本ですが、賃貸物件の場合には、責任がどこにあるかの確認もとても重要です。

単なるトイレの詰まりではなく、排水升への配管が起きている場合にはオーナーが管理する部分になるからです。素人判断で行っていると返って修繕費が借主に来る割合が高くなる場合も考えられるので、不動産会社に相談をして業者を派遣してもらうのがおすすめです。

その際に、修繕費の負担がどなたになるのかも明確にしておく必要があることも把握しておきましょう。

関連記事

  1. 今まさにトイレで流されそうになっているスマホ

    対応策について

    トイレ詰まりを解消したと思っても繰り返すのですがこういう場合はどうしたら良いでしょうか?

    トイレ詰まりが繰り返す場合はすぐに専門の業者を呼んで対処してもらうのが…

最近の記事

  1. ラバーカップを左手に持つ男性
  2. 今まさにトイレで流されそうになっているスマホ
  3. トイレの水タンクの内部の調整を行う業者

アーカイブ

  1. 今まさにトイレで流されそうになっているスマホ

    対応策について

    トイレ詰まりを解消したと思っても繰り返すのですがこういう場合はどうしたら良いでし…
  2. ラバーカップを左手に持つ男性

    対応策について

    賃貸物件でトイレ詰まりになった時の対処は?
  3. トイレの水タンクの内部の調整を行う業者

    予防策について

    トイレ詰まりに予防策はないの?
PAGE TOP