トイレの水タンクの内部の調整を行う業者

予防策について

トイレ詰まりに予防策はないの?

余計な物は流さない、薬剤を流す、これが効果的なトイレ詰まり予防策です

余計な物は流さないこと、これが最大のトイレ詰まり予防策です

なぜトイレが詰まってしまうのか、それはトイレの排水管の中に何かが引っかかり、モノの行き場がなくなってしまうからです。

ではなぜ排水管の中に何かが引っかかるのでしょうか。それは、日頃からトイレに余計な物を流しているからです。ティッシュペーパーをはじめ、掃除シートやいらなくなったペットの砂など、これらはすべて余計なものです。

トイレに流せるタイプのものであっても、ゴミはトイレに流さないようにしましょう。トイレに流すのは、トイレットペーパーと排泄物だけ、このルールをきっちり守れば、トイレが詰まることはそうないでしょう。

トイレが詰まりやすいなら定期的に洗剤を流すという手もあります

普通に使っていれば、そうトイレが詰まることはありません。それでもトイレが詰まりやすいということは、そのトイレが、構造上の理由で元から詰まりやすいということになります。

自宅のトイレがそういうトイレの場合、トイレ詰まりはしょうがないものだとして、諦めるしかないのでしょうか。実は、ひとつだけ手があります。

それは、定期的に排水管に薬剤(あるいは洗剤)を流す方法です。市販の薬剤や洗剤の中には、尿石を除去する効果があるものがありますので、これをトイレに定期的に流すのです。

この薬剤や洗剤は、普通の物を使ってもいいですが、出来ればトイレ用の物を使った方が、後々トラブルがなくていいです。これらの物を定期的に使っていけば、トイレが詰まることはほとんどなくなることでしょう。

このように、トイレ用の薬剤は非常に便利なものですが、使う時にひとつ注意すべき点があります。それは、薬剤をトイレに流した後、一定の時間放置することです。

放置しないですぐに流すと、あまり効果がありませんし、逆に放置しすぎると、排水管を痛めてしまう恐れがありますので、必ず薬剤ごとに決められた時間(決められた時間が書いていないものは30分ほど)放置してから、水を流すことを忘れないようにしましょう。

これを定期的にやれば、詰まりやすいトイレでも快適に使うことができるでしょう。

最近の記事

  1. ラバーカップを左手に持つ男性
  2. 今まさにトイレで流されそうになっているスマホ
  3. トイレの水タンクの内部の調整を行う業者

アーカイブ

  1. ラバーカップを左手に持つ男性

    対応策について

    賃貸物件でトイレ詰まりになった時の対処は?
  2. トイレの水タンクの内部の調整を行う業者

    予防策について

    トイレ詰まりに予防策はないの?
  3. 今まさにトイレで流されそうになっているスマホ

    対応策について

    トイレ詰まりを解消したと思っても繰り返すのですがこういう場合はどうしたら良いでし…
PAGE TOP